◇医療情報−食道炎




食道炎とは食道の炎症のことで、表面粘膜の軽度の炎症から、粘膜下組織や筋層を含む重度の潰瘍まで様々みられます。


原因
食道炎の原因としては、胃液や腸液の食道への逆流が最も多いです。逆流がひどい時には吸引性の肺炎を引き起こすことがあります。また、化学刺激物を食べてしまったり、食道に異物が詰まってしまっても起こります。遺伝については現在のところ報告はありませんが犬・猫にみられます。


症状
食道炎の症状としては、よだれ、動物が食べ物を飲みこむと食道が痛いために悲鳴をあげたり、食欲が落ちたり、肺炎を起こしている動物では咳を伴うことがあります。


診断
血液検査では、通常結果は正常です。しかしながら、潰瘍まで起こしている動物では、白血球の値が上昇していることがあります。
レントゲンの検査では、単純な撮影の場合通常病変を発見することはできません。バリウム造影を行うことにより、不規則な粘膜表面や食道が拡張している像、あるいは、食道の運動性の低下が認められることがあります。
内視鏡検査は病気の診断には最も確かな方法です。しかし、軽度の食道炎では分からないこともあります。


治療
軽度の食道炎では、2〜3日食餌を控えます。重度の食道炎のある動物では、治療に時間がかかるため、胃へ直接チューブを通して食餌を与えることで食道への刺激を避けます。
お薬としては、スクラルファート、シメチジン、そして、ラニチジンなどが有効です。


予後
軽度の食道炎の動物では、通常予後は良好です。しかしながら、重度または潰瘍性の食道炎の動物の予後には注意が必要です。






獣医師 藤村淳 2002.12.25

/commgif/トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報