◇医療情報−口蓋裂


口蓋裂とは、硬口蓋から軟口蓋(口腔内の上の部分の手前から奥)にかけて穴があいている状態をいいます。


原因
先天性と後天性のものがあります。先天性のものは発生段階での異常であり、後天性のものは交通事故などの外傷によって生じます。


症状
先天性、後天性を問わず水(ミルク)や食物がうまく飲み込めず、鼻から排出されたり、誤嚥してクシャミや咳をしたりします。また二次的に鼻炎や重症の場合は肺炎を起こしたりもします。


診断
症状と口腔内検査によって発見されます。
治どちらの場合もレントゲン検査により、肺炎がないことを確認してから外科的に穴を閉じることで治療します。子犬の場合、手術に耐えうる大きさになるまではカテーテルなどによって食餌を与えます。二次的な感染がある場合は抗生物質などの投与が必要となります。


予後
二次的な感染がなく、他に併発疾患がなければ手術により良好ですが、子犬の場合手術する以前に亡くなってしまうこともあり得ます。


獣医師 佐藤美帆 2002.11.25

/commgif/トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報