◇医療情報−コクシジウム症について




コクシジウム症とは
主にIsospora canis(犬)及びIsospora felis(猫)を病原体とする腸管の感染症です。(Isospora属の他種も存在します)


原 因
感染力を持つコクシジウム原虫を口から摂取する事により、それが腸に寄 生し、分裂繁殖しながら小腸粘膜を破壊します。


症 状
元気喪失・食欲不振がみられます。腸の粘膜を傷つける為,血便・粘膜便を起こします。下痢の為、脱水・衰弱を起こします。子犬や子猫が感染すると重大な症状を表す為、注意が必要で早急な治療が必要です。


検 査
糞便検査(原虫の確認)で診断されます。


治 療
駆虫薬の投与(症状を示さなくなるまで)が必要です。その後原虫確認の糞便検査も何回か必要です。


予防法
感染力を持つ原虫は抵抗性が強い為、適当な温度と湿度が確保されていれば1年以上にわたって生存する可能性があります。飼育環境(土壌)が汚染されていると再感染を繰り返すので飼育環境を熱湯消毒し清潔にしましょう。ほとんど糞便から感染するので感染している犬猫の糞はすぐに処理し他の動物との接触を避けてください。


注意事項
コクシジウムの重度感染時にワクチン接種すると死に至るケースもあるのでご注意ください。




VT 日下部ゆみ 2002.10.15


トップ

医療情報