◇医療情報−一般血液検査

現在動物病院で行っている血液検査は大きく分けると2種類あります。
1つは貧血や脱水の具合や感染症にかかっているかなどを調べる「一般血液検査」。もうひとつは肝臓などの各臓器の状態を詳しく調べる「血液生化学検査」です。そのほか特殊検査と呼ばれるものもありますがあまり一般的ではありません。
今回は前者の「一般血液検査」について説明したいと思います。
「一般血液検査」とは赤血球や白血球などの数や濃度を調べることによって、貧血や脱水など今現在の状態を調べる検査です。
主に次のものがあります。


・RBC(赤血球数)
赤血球は血管内を流れている、酸素を体中に運ぶ細胞です。
数値↑の時:
脱水、心疾患などが考えられます。その他に興奮しているときでも数値が上がるときがあります。
数値↓の時:貧血

・WBC(白血球数)
白血球は体に入ってきた異物(病原菌など)を排除する「免疫」に関連する細胞です。
数値↑の時:
ストレス、炎症、感染、異物などがあります。
数値↓の時:
ジステンパーやパルボといった非常に強い感染症にかかっている可能性があります。

・HGB(ヘモグロビン)
赤血球の中に含まれる色素物質で、鉄分を含み血の赤色の素になっています。この物質が酸素に直接結びついて酸素を運びます。
数値↑の時:
脱水
数値↓の時:
貧血

・HCT(ヘマトクリット値)=PCVとも呼ばれます
血液全体に対する赤血球の割合を示します。
数値↑の時:
脱水、心疾患、肺疾患、興奮
数値↓の時:
貧血

・MCV(平均血球容積率)
赤血球の容積を個数で割ったもので、赤血球の大きさが分かります。
数値↑の時:
赤血球の大きさが大きくなる(大球性) 
数値↓の時:
赤血球の大きさが小さい(小球性)

・MCH(平均ヘモグロビン量)
赤血球1個あたりのヘモグロビンの量がわかります。
数値↑の時:
高色素性
数値↓の時:
低色素性

・MCHC(平均ヘモグロビン濃度)
赤血球容積に対するヘモグロビンの重量比のことです。
数値↑の時:
大球性正色素性貧血(ビタミンB12が欠乏したりすると起こります)
数値↓の時:
小球性正色素性貧血(慢性炎症性疾患や白血病) 

・PLT(血小板)
血液凝固に必要な細胞です。 この細胞が少なくなると血が固まりにくくなります。
数値↑の時:
自己免疫性疾患など
数値↓の時:
膵臓機能亢進、骨髄抑制
・TP(血漿総タンパク)

血漿中に含まれるタンパク質の量を調べます。
数値↑の時:
脱水、ショック、感染症、腫瘍
数値↓の時:
肺疾患、腎疾患、栄養不良、出血など

・II(黄疸指数)
黄疸の度合いを調べます。
数値↑の時:
肝炎、肝硬変、胆道炎など


一緒に暮らしている動物の健康のために、年1回ぐらい健康診断として血液検査をすることをお勧めします。
 


VT 望月 慎也 2001.7.29

トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報