◇医療情報−腎結石




腎結石は腎臓の腎盂(腎臓の中心部)などに存在する尿結石で結石や結石の破片は尿管に流入します。→尿管に来ると尿管結石となります。
あまり臨床的な徴候(症状)をあらわさず、症状が進むにつれて石が大きくなるということがあまりありません。

腎結石は腎盂や尿管を閉塞し、腎盂腎炎になりやすくさせその結果、腎不全に陥ります。
また、石の種類は蓚酸(しゅうさん)カルシウム、リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)
尿酸アンモニウム、リン酸カルシウムなどさまざまです。

【好発品種】
・犬   蓚酸カルシウム…ミニチュアシュナウザー、シーズーなど
     ストラバイト結石…ミニチュアシュナウザー、シーズー、ビションフリー                 ゼなど
・猫   短毛種(43%)長毛種(13%)シャム猫(8%)ペルシャ猫(4%)


【症状】
無症状あるいは血尿、嘔吐が起きます。また、尿路感染がある動物では排尿障害や頻尿が見られます。
両方の腎臓が閉塞状態であったり腎不全の状態である時は尿毒症による症状が見られます。
急性の場合ですと腹部や腰部に痛みが出てきます。


【原因】
石の種類(成分)によって異なります。例えば蓚酸(しゅうさん)カルシウムでしたら蓚酸(しゅうさん)とカルシウムの混合物です。


【診断】
X線検査(レントゲン)や超音波検査(エコー)に写ってきますので目で見て確認する事ができます。
ただし石の種類によってはレントゲンに写らない事がありますのでそのような時はエコーや造影剤を使って中の様子を見ます。


【治療】
何も症状がない場合は経過観察で定期的に尿検査、X線検査などを行ないます。腎臓が閉塞状態にあるものや腎結石の症状が出ているもの、結石が増大しているもの、
もう一つの腎臓が機能していないものには結石を除去する必要がありますので、外科的に取り除きます。また成分によっては薬物で溶かしていくといった方法を取ります。ただし薬物による溶解はストラバイト、尿酸、シスチン尿結石に限られます。その他、結石症に対する療法食を食べさせる方法もあります。


【予防】
・個々の種類の尿結石を形成しやすい原因の排除をします。
・飲水量を多くし、尿の量をふやします。(ドライフードをあげるなど)
・一度、結石症になっているのであればその結石にあった療法食を与えます。





VT 望月慎也 2002.12.25

/commgif/トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報