◇医療情報−大動脈弁狭窄




大動脈弁下狭窄という疾患は常染色体性の優性遺伝による先天性心疾患です。線維輪,筋線維輪によって全身に血液を送り出す大動脈弁の弁下部が狭窄した状態によって起こります。
一部の大型犬種に多く,ニューファンドランド,ゴールデンレトリバー,ロットワイラー,ボクサー,サモエド,Gシェパード,ブルドッグ,グレートデーンなどに多い疾患です。
※猫では弁上部の病変もあります。


【症状】
疲れやすい,一定以上の運動に耐えられないなどの症状に始まり,失神や突然死までさまざまな症状がでます。また,収縮期性駆出性雑音が聴取され,軽度のものでは駆出性雑音のみが異常所見として認められることもあります。


診断
診断はレントゲン検査,心電図検査,超音波検査などにより行われます。また、カラードップラー法(超音波検査)を使用することにより弁下部の血流の速さがわかり,疾患の程度が把握できるようになります。


治療
確実な外科的治療法はありません。
一般に遮断薬(心臓薬)を使用して症状の緩和を図ります。
中等度から重度のものでは運動制限も必要になります。


予後
重度の狭窄のあるものでは予後は要注意で,概ね50%以上が3歳齢までに突然死します.
軽度の狭窄のものは無症状のまま長期生存が可能な場合があります。




獣医師 堀吾郎 2002.12.25

/commgif/トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報