◇医療情報−チョコレート中毒




チョコレート中毒
チョコレートは、ワンちゃん、ネコちゃんに与えてはいけないものです。チョコレートに含まれているTheobromine(テオブロミン)という成分をワンちゃん、ネコちゃんは代謝できない為、中毒を起こしてしまいます。中毒症状はテオブロミンの量が100mg/kgでおきはじめ、致命的量として250mg〜50mg/kgであると考えられています。
テオブロミンの入っている量はチョコレートの種類によって異なります。
ミルクチョコレート   :45mg/OZ
セミスイートチョコレート:150mg/OZ
ブラックチョコレート  :40mg/OZ
※ 1OZ=約30mg

チョコレートケーキやブラウニーなどブラックチョコレートを使用しているものは特に注意が必要です。


【症状】
 嘔吐/下痢
・ 活動過剰
・ 運動失調症(酔ったような動き)
・ 筋肉の振るえ
・ 不整脈
・ 高体温
・ 発作
・ 最悪の場合昏睡や死に至ります


【治療】
特別な解毒薬は有りませんが、処置方法として以下のことします。
・ 催吐
・ 胃洗浄
・ 活性炭
・ 点滴
・ 発作を起こした場合→ジアゼパムやフェノバール
・ 酸素吸入



VT 日下部ゆみ 2002.10.25

/commgif/トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報