◇医療情報−犬の鼻炎(くしゃみ・鼻汁)




鼻は空気を温め、ろ過し、湿り気を与え肺へ送る上部の気道です。外気を吸い込むと同時にウィルスや細菌、大小さまざまな異物が鼻腔に入り起こします。

原因
アデノウィルスU型、ヘルペスウィルス、パラインフルエンザウィルス、などのウィルスや各種細菌、真菌(カビの一種)が原因になります。また草の実、いたずらによる異物、歯の病気、腫瘍も原因の一つです。


症状
鼻汁やくしゃみが出るのは人間と同様の症状で、時には鼻汁が鼻腔を閉鎖して口で呼吸したり鼻出血もおこします。涙が鼻に抜ける通り道である鼻涙管が詰まり目ヤニが出ます。


検査
一般血液検査、尿検査、生化学検査では特定する鼻漏の原因は検出されにくいのですが、併発する問題の検出となります。
他の臨床検査では、血清検査、血液凝固検査をおこないます。


治療と看護
原因細菌や二次感染に対する抗生物質の投与と消炎剤の投与です。
異物の場合は洗浄や適切な除去を必要とします。冷気にさらされないよう温かくして、鼻汁や目ヤニはこまめに拭いて清潔にしてあげます。





VT 本原磨井子 2003.1.3

トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報