◇医療情報−便秘について




便秘とは排便が困難な状態のことを言います。


原因
1. 胃腸の動きを調節している神経の機能が低下したとき(ストレスや神経の機能障害など)
2. 腸内の異物(土砂・木材・飲みこんだ骨など)摂取
3. 腸の外側からの圧迫(骨盤の変形・腹部の腫瘍・前立腺肥大・妊娠したことで胎児によって圧迫されているなど)
4. 何らかの強い痛みによって正常な排便姿勢がとれないとき
5. 先天性(生まれつき)


症状
排便姿勢をとって場合によっては唸ってもいるのにいつまでも便が出ない。出た便は少なくて非常に硬いことが多いです。また、長時間排便されないため、腸内に宿便が起こり、食欲が低下したり、嘔吐が見られることもあります。


診断
症状と触診、レントゲン検査や超音波検査などで分かります。


治療
まず、原因の除去です。周りから原因(ストレスや腸内異物になるもの)を取り除き、腸の外側からの圧迫の原因になっているものを治療します。治療効果がみられなければ、腸内の便を小さく砕いたり、あるいは浣腸や内服で腸の動きを活発化させる薬、下剤などを投与します。内科的な治療に全く反応がみられない動物もおり、そのときには腹部を圧迫することで人間が動物の排便を介護するのです。





獣医師 加藤拓也 2002.12.25

/commgif/トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報