◇医療情報−ネコの心筋症


【ネコの心筋症】

心筋症は、ネコの心疾患として、極めて重要です。特に、原因不明で、急激に悪化傾向を示すため、できるだけ早期に治療する必要があります。ネコの心筋症は、心臓の筋肉の厚さや働きの状態によって、大きく3つに分けられます。一つは、心臓の筋肉が内側に向かってどんどん厚くなる肥大型心筋症(心筋症全体の60〜70%)。二つ目は、逆にどんどん薄くなって心臓が外に向かって大きくなってしまう拡張型心筋症(全体の20%)。三つ目は、心臓がうまく広がることができずに働きが低下する拘束型心筋症です。
この病気にかかると完全治癒は困難です。

【原因】
いずれも真の原因は不明ですが、拡張型は、タウリン欠乏が原因と言われています。現在は、各ペットフード・メーカーとも、その点を考慮し、タウリンを補助していますので、今は拡張型は少なくなっています。

【症状】
臨床症状は3つとも似通っています。心臓の働きが低下するために、十分な血液が心臓から出ないため、全身の臓器の機能が動かなくなり、その結果、食欲がなくなったり、元気がなく動かずにじっとしていたりします。また、肺に水がたまった場合(肺水腫)、呼吸困難や咳が出てきます。比較的多い症状として、後ろ足の麻痺が起こる場合がありますが、これは、血流が悪いことによって生じた血液の固まりが、腹部の動脈に詰まってしまい、後ろ足に血液が行き渡らないために生じます(腸骨動脈塞栓症)。この後ろ足の麻痺は、突然の痛みと共に起こることが多く、この状態が長く続くと、後ろ足の先端の爪の部分が壊死したり、足先が冷たくなったりします。

【診断】
肥大型や拘束型では、血液を全身に送る左心室が狭くなるため、その上にある左心房に血液がたまって大きくなり、X線検査では「バレンタインハート」と呼ばれる特徴的な心臓の形を観ることができます。このような状態では、心臓の働きは急激に低下し、同時に肺水腫が起こっていることが多いので、「バレンタインハート」と共にこの肺水腫を知ることによって、肥大型や拘束型の心筋症を予測することができます。
ネコには少ないとされている拡張型は、左心室だけでなく右心室(肺に血液を送るための部屋)も大きくなることから、X線検査では、大きく丸くなった心臓を観ることができます。また、不整脈も時々認められ、例えば、心拍数が急激に増えたり、脈が欠損したりします。腸骨動脈塞栓症の症状が見られた場合、爪の部分に血液が行かなくなるため、深爪しても出血しなくなるので、思いきり爪を切ってみる(深爪)のも一つの検査になります。

【治療】
原因が分からないため、治療は対症療法になります。強心剤で心臓の働きを補助したり、肺に水がたまらないために利尿剤を投与したり、血栓ができにくくする薬を投与したりします。拡張型の原因の一つとしてタウリン欠乏が言われていますので、タウリンの投与を行うこともあります。一般的には、薬での心臓の管理にも限界があるため、予後は不良です。


獣医師 斉藤大志 2002.6.5

トップ アイコン
トップ
トップ アイコン
医療情報