第12回 雨の日のお散歩後のお手入れ



超小型犬で雨の日に散歩をする方は少ないとおもいますが、コーギーや柴犬などすこし大きめのワンちゃんたちは雨の日でも、お散歩している姿をよく見かけます。
 皆さんはお散歩から帰ってきたらワンちゃんのお手入れをどうしていますか?散歩で濡れたまま放置しておくと、皮膚病の原因にも風邪をひく原因にもなります。お家に帰ったら素早くタオルで拭き乾かしてあげましょう。『めんどくさ〜い』なんて言わずに、わんちゃんのケアをしてあげてくださいね。
 また、急いで拭いて結局は汚れが広がってしまうことなんてないですか?頭のてっぺんからつま先まで順序よくやると綺麗にケアができます。中途半端はケアは、雑菌が繁殖してしまい、後になって皮膚病になります。簡単な注意で防げることは防いであげましょう!!

★まずはじめに、乾いたタオルで水分をできるだけ取ってしまいましょう。

拭く順番:顔→首→背中→しっぽ→おなか→足
 この順番は、比較的汚れていないところから先に拭いて、拭き残しがなくなるのと、1枚のタオルで拭けます。拭く順番は変えても大丈夫です。お腹からじゃないと風邪ひいちゃうのでは?とよく言われていますが、数分拭くのが遅れるくらいで、犬は風邪を引きません。おすすめは、頭から拭くことで体全身をブルブルする回数が減って、お家の中が広範囲に汚れてしまうことが少なくなります。ぜひ試してください!




★次に、だいたい水分がふき取れたところで、ぬらしたタオルで部分的な汚れをとりましょう。

拭く順番:口先→耳の毛→首→背中→しっぽ→おなか→足先
この順番も先ほどと同じ意味です。足先や足の裏は1番汚れているはずなので最後にした方がよいでしょう。
デリケートなのでしっかりと!



足裏   指の間にどろんこがいっぱい詰まっていることがあります。念入りにふき取ってください。ムレますよ。



口周り 
 ワンちゃんがなめまわす場所なので清潔に!汚れてると不潔です!



    ムレが心配です。コットンを使って拭きとってあげましょう。



おなか
  とくにオス犬は清潔にしてあげたい場所です。おちんちんの先まで丁寧にふいてくださいね。

あまりにどろんこな時は、部分シャンプーをしてあげるとGOOD!



★つぎに、ドライヤーでしっかりと乾かして終わりです。怖がるワンちゃんは弱風で慣らせてください。
 (「第8回 乾かし方のコツ」を参照


 もっと楽をしたい方は、レインコートを着せると後のケアがらくちんになりますよ。最近では、足まで保護してくれるタイプもありますので、是非利用してください(^−^)さらに、レインコートを長持ちさせるために私たちのレインコートと同様に使った、使った後はよ〜くタオルで水分を取り、防水スプレーをしておくといつまでも効果が長持ちしますよ。


トリマー 大木賀央里



戻る