◇スタッフになるには・・・(VT)


◆VTって?
 みなさんはVTって職業を知ってますか?
VT(ベテリナリーテクニシャン)または(アニマルヘルステクニシャン)と言います。ようするに動物の看護士ということです。
主な仕事は獣医師が処置をしやすいように動物を保定(動かないように体を支持することです)すること、入院管理、処置・手術の器具の用意やその補助など多種多様です。そして、あまり表立ちませんが、掃除・洗濯などの裏の雑用の仕事があります。
(ただし病院によっては本当にただ雑用をするだけというところもあるそうです)かいぬしさんと病院の”橋渡し”がその大きな役割です。世間での認知度はまだまだ低いようであまり広く知られてはいませんが、このように動物にもちゃんと看護士という職業があるんです。
しかし、人の看護士のように国家資格ではありません。

◆どうすればなれるの?
 一般的には、専門学校に入学して、そこが定める独自の資格を取得します。
現在では大・小あわせて全国に100校近い専門学校があります。大きいところがよいのか、少人数制がよいのかは、その人その人によりますので、自分にあった所を専門誌・タウンページ・インターネットなどで調べるとよいと思います。また実際に動物病院に出向いて、そこの看護士さんに聞いてみるのも一つの手でだと思います。生きた情報が得られますよ。
 良い専門学校を選ぶコツは何校か見学して自分にあったところを探すことが大切です。有名どころでは青山ケンネルカレッジ・東京愛犬などでは動物看護士学科があります。入学するには、その学校が定める条件をクリアーすることです。(学科試験や面接などありますが、これは学校によって異なるので直接専門学校に問い合わせてください)
 その他として、そのような学校には行かず直接、動物病院で働きながら学ぶことです。
専門学校に行かなくても病院によっては、一から教えてくれる所もありますので、その場合は自分で直接、病院側に問い合わせをしなくてはなりませんね。まず近所や自分のペットのかかりつけの病院にそのような求人がないか聞いてみるのがいいと思います。こちらは、実践あるのみですので、働きながら学んで行く形になります。よく考えればお金をもらって学べるのです。ただ前にも述べたように、病院によっては雑用のみと考えている病院もあるので注意してくださいね。

◆就職はどうするの?
 ただ就職の事を考えると、専門学校を卒業していたほうが、より就職口の幅が広がると思います。なぜなら、何も知識が無い人より、専門学校を卒業して基礎知識がある人を求める病院の割合が多くなってきているのが現状だからです。また、色々な情報が入りやすいのも専門学校の利点ですね。かといって、すべて学校側が就職口の世話をしてくれるわけではありません。学校を決める時のように自分自身で探して、見学・実習により多く行くことをお勧めします。(どんな病院かは、行って見てみないと分からないですよ)そして専門学校には、同じ目的をもった人々が集まってくるのですから、一緒に勉強できることとそこでの出会いは、あなたにとって大切なものになるでしょう。

◆毎日が勉強です
 どちらにしても、一人前のVTになるには、実践あるのみですので毎日が勉強です。その前の大前提として動物好きでなければなりません(当たり前のことですが・・・)でもただ好きということでだけではつとまりません。
動物の命に関わる(預かる)職業ですから、ただかわいい動物の世話をするというだけではなく、大きな責任感と臨機応変に対応できる判断力などもとても大切なことです。
また、やさしさや思いやりは動物に対してのだけではなく、その飼い主さんや周りのスタッフに対してももちろん必要です。
飼い主さんとのコミュニケーション、スタッフ間のチームワークは動物の治療などにも関わってくる重要なことなのです。
 VTになった後、他の病院のVTの人達のことも気になるところですよね。専門学校を卒業した人々は就職した後、お互いに情報交換などをしているようですが、その他ではあまり交流する機会はありません。(地域によってはVTの講習会などもあるようですが)

◆給料はどれくらい?
 そして皆さんがもう一つ知りたい給料の事ですが、一般に高卒・大卒・専門学校卒よっても変わってきます。病院によっても違うはずです。がんばり次第では能力給がつく病院もあります。ちなみに当院では、学校を出ていても、いなくても13万円からです。その後は経験・年数・能力給がついてきます。実力があれば20万以上の給料をもらえるスタッフもいます。本当に病院により様々ですが、平均的には12万円前後のようです。

◆やりがいあります!
 VTという職業は、毎日新しい事に満ちあふれているやりがいのある仕事です。1日として同じ日はありません。動物たちにとっての生涯のハイクオリティライフ(質のよい暮らし)を目指してお手伝いをすることが私たちの幸せです。また、ペットを通してそのかいぬしさんやご家族の方々と喜び・悲しみを分かち合うことによって人とふれあう事が出来るすばらしい職業です。
そしてわすれてはならないのが体力&精神力&根気ですね!
初めのころは結構、生傷が絶えないと思いますががんばってください!!

VT  歌田 法子





トップ

医療情報