第七章:ワンちゃんのお食事
7-1:子供と大人のご飯の違いは?

登場人物
ゆみ(27):アメリカからの帰国子女。現在、再びの渡米を目指し、アルバイト中。
      和食を世界に広めたいという野望があり、本人も料理教室で勉強中だが、
      かなりの味音痴、料理音痴らしい。 
敏子(26):ゆみのバイト仲間で、元カリスマ・トリマー。
      にもかかわらず、ワンちゃんよりも猫ちゃんが好き。
      現在、猫4匹+茶色い(汚れ?)ウェスティのかん太を飼っている。


かん太は、ウェスト・ハイランド・ブラウン・テリアらしいよ
最近、太り気味のかん太を見て、一緒にダイエットをしようと決意した敏子だが、ダイエット料理の作り方が分からず、仕方がなく、友人のゆみに教わりに行った時の話である…。


敏子「ウチのかん太、最近、よく太ったりやせたりしてるんだよネー。やっぱり生まれてから3年位、子犬用のご飯をあげ過ぎてたのが良くなかったのかなー?」
ゆみ「今はペットの間でも、肥満は深刻な問題だからね…。はい、麩チャンプルー。ゴーヤ・チャンプルーのゴーヤの代わりにお麩が入ってるのよ。この前、磨井子(第6章参照)に習ったんだ。」
敏子「ありがと。で、ゆみは何食べるの?」
ゆみ「私は、手作りミートソースのパスタだよん。」
敏子「すごいネ、ソース、手作りなんだ。ホール・トマトとかで作っちゃってんの?」
ゆみ「ううん。市販のミートソースの缶詰めにひき肉入れただけよ。ちょっと苦味があって美味しいんだから!!」
敏子「それって…お肉増量中なだけじゃないの?しかも苦いって…何が入ってるのかしら…。」

※この状態だと、これからも不思議レシピが続々と登場しそうですな…。さて、今回からは、ワンちゃんの食事についてである。ゆみの言う通り、ペットの間で、肥満は深刻な問題になっている(当院ホーム・ページ医療情報の「肥満」を参照)。ワンちゃんは自分で自分の食事を用意する訳ではないので、ワンちゃんの肥満は、当然、飼い主様の方に原因がある。
肥満になる原因は、(1)体に入るエネルギーが多過ぎるか、(2)使われるエネルギーが少な過ぎるか、(3)病気か、この3つにしぼられるだろう。
こんな誘惑にも負けないで!!
(1)の場合、これは要するに食べ過ぎである。飼い主様の中には、「よく食べる=健康」と思われる方が多く、ワンちゃんの食欲に任せて、ご飯をあげてしまう場合が多い。また、可愛い我が子の「もっともっと」攻撃に負けて、たくさんのおやつや、人間のご飯をあげてしまう方も多いのではないだろうか?そうすることにより、可愛い我が子はデブデブになっていき、可愛くない我が子になっていく…。また、欲しがるのに合わせてご飯をあげていると、「こいつは私のいいなり」と思われ、しつけもできない状態になってしまう。なので、犬種、年齢、体格にあった適切な食事を与える必要があるのである。
(2)の場合、これは運動不足である。ずっと家の中にいて散歩をしない。家の中で走り回れるならまだ良いが、最悪なのは、庭につなぎっ放しで、散歩にも行かない。こうなると、ただ「食っちゃ寝」の繰り返しになるので、当然太る。エネルギーは消費されずにドンドン体にたまり、同時にストレスもたまりまくる。当然…まともなしつけもできなくなる。全く良いトコなしである。
このコはノー・プロブレム!!

また、避妊・去勢手術の後に太ってきた、と言われる方が多いが、それも原因はここにある。避妊・去勢手術をすると、手術前に比べて大人しくなることが多く、そのため、運動量が減るのである。にもかかわらず今まで通りの食事を与えていると…ということになる。つまり、避妊や去勢が悪いのではない。
(3)の場合…これはある意味仕方がない。早期発見、早期治療をしてあげるしかない。では、病気を見つけるにはどうすれば良いか?普段から適切な食事管理をしていれば良いのである。ご飯の量も丁度いいし、運動の量も丁度いい。にもかかわらず太っていく。逆にやせていく。これは明らかに異常、とすぐに分かり、すぐに病院へGo!!ということになる。ただし、ラブラドール、ケアンテリア、コッカ−スパニエル、ビーグルなど遺伝的に肥満となりやすい犬種もあるので、その辺は判断がちょっと難しいけどネ。
病気は…誰のせいでもないよネ?


 では、犬種、年齢、体格にあった「適切な食事」というのはどういったものでしょう?まずは、自分チのワンちゃんが、現時点で普通の体格なのか、太っているのか、やせているのかを見極める必要がある。一番分かりやすいのは、外見と定期的な体重測定である。別に無理に動物病院へ行く必要はない。家でも十分、体重は測れる。ワンちゃんをだっこして体重を測り、それから自分の体重を引けば良いんだから。ただ、体格に合った肉付き、というものがあるので、一概に体重だけで肥満などとは言い切れない。つまり、体重と合わせて、見てみなきゃ、触ってみなきゃ分からない。
外見で分かりやすいのは、胸の所である。あばら骨の所を触ってみて、皮下脂肪のせいであまりよく触れなければ肥満、逆に触らなくてもあばら骨が見えているようだとやせ過ぎである。他にも、背骨に沿ってゴツゴツが触れなければ肥満、骨盤のゴツゴツが触れなければ肥満である。特に肥満している子は、骨盤の先端、場所としてはですネ…列の一番先頭の人が「前へならえ」をした時、腰に手をあてるでしょ?その辺り(余計わかりづらい?)。
分かる?この右手の所よ
その辺りにポッコリと脂肪のコブができる。そうなるとかなりヤバいです。時々、「先生、家の子、腰に腫瘍があるの、2箇所も。」と言って来られる飼い主様もいらっしゃいますが(本当に腫瘍のこともあるけどネ)、その場合はニッコリと微笑んで、「ダイエット…しましょうか。」とお勧めしております。

 で、次に重要なのが、年齢にあった食事である(これが今回のメインね)。
(1)成長期(子犬)
子犬が成犬の体重に達する時間は、犬種によっても様々だが、だいたい小型犬〜中型犬で10〜12ヶ月、大型犬で12〜16ヶ月かかる。この時期までが成長期で、非常に速い成長のために、ものスゴいエネルギーが必要となる。一般に、成犬に比べて、体重1kg当たり約2倍のエネルギーを必要とする。例えば、体重10kgの成犬の柴犬が、1日に1000kcal必要だとする(体重1kg当たり、1000÷10=100kcalの計算)。で、この柴犬が成長期に体重5kgだったとしたら、どの位のエネルギーを必要とするか?体重1kg当たり100×2=200kcal、成長期には必要なのだから、5kgなら200×5=1000kcal。つまり、5kgの成長期の犬と10kgの成犬では、1日に必要なエネルギーの量が同じなのである。結構なもんでしょ?
子犬に必要なエネルギーと栄養素を満たした最適な食事は、やはり子犬用のドッグ・フードである。他にも成長期用、グロース、なんて表記もある。子犬は大体、生後3週齢で乳歯が生え始め、離乳が始まり、母乳以外のものを口にするようになる。この時期は、まだ食べ物を消化・吸収する能力が低いので(未発達)、離乳食としては消化の良いものを与えるべきだが、市販のものが一番便利である。手作りではなかなか難しい。子犬用のカリカリ(ドライ・フード)をお湯でふやかして、ドロドロにしてあげても良いだろう。
軟らかい離乳食から普通の食事への移行は、便の状態を観察しながら少しずつ行う(一気にやると下痢げりピッピである)。やはりまだまだ消化・吸収能力は発達途中なので、食事は少ない量に分けて、何回もあげるのが基本である。目安となるのは、3ヶ月齢までは1日4〜5回、6ヶ月齢までは1日3回、それ以降は1日2回で十分である。
また、敏子の言っていることも一理ある。発育期の肥満は、脂肪細胞(脂肪をためておく細胞)の数を増やし、一度増えた脂肪細胞の数は減りはしない。すると成犬になってからの脂肪細胞の数が多くなってしまうので、ちょっと食べ過ぎただけでも太りやすい体質になってしまうのである(これは人間でも同じことが言える)。
こんなことになったら困るでしょ?
成長期は丈夫な体格を作る、極めて重要な時期である。この時期に栄養バランスの悪い食事、特に人間の食事を与えると、カルシウム不足で骨の成長に障害が出たり、そのおいしさ故に、ドッグ・フードを食べなくなることがあるので、合わせて要注意である。
逆に子犬用の食事にカルシウム剤を混ぜようものなら過剰症でかえって具合が悪くなる。
また、これは後の章で出てくるが、妊娠・授乳期にもかなりのエネルギーを必要とするので(子犬を育てるためにネ)、母犬には、成犬用ではなく、子犬用を与えるのが良い。
(2)維持期(成犬)
成犬になるにつれて、今まで子犬用だったご飯も、成犬用のものに「徐々に」替えていく必要がある。成犬
用、の他、維持期用、メンテナンス、なんて表記もある。成犬は、本来、1日1回の食事で1日の必要量を十分に消化・吸収する能力を持っているので、1日1回の食事でも良いが、ワンちゃんが人間に密着するにつれ、生活のリズムも同調してきているので、1日2回の食事をおすすめします。
(3)老齢期
当然、年をとると、あまり運動しなくなるので、必要なエネルギーの量も少なくなる。にもかかわらず、成犬用のご飯をあげ続けていると、おデブな老犬ができあがってしまう。なので、基本的には、7才を過ぎたら、老齢犬用のご飯に切り替える必要がある。老齢犬用、の他にも、高齢期用、シニア、などの表記もある。このようなご飯は、ただカロリーが低いだけでなく、タンパク質や塩分が控えめ
人も犬も年相応に…
になっており、年をとってから傷めやすい、心臓や腎臓をケアするように考えられて作られている。


教訓:
一、肥満は万病のもと!!犬種・年齢・体格にあった、適切な食事管理で、ワンちゃんの、一生の健康を勝ち取るべし!!


次回は、市販のご飯と手作り食との違い。愛情だけでは限界があるんです…。

獣医師:斉藤大志



戻る