第十一章:ワンちゃんの明るい家族計画

11-3:出産

登場人物

清美(25):第三章の登場人物。
      専業主婦をしているが、暇な時間を使って、
      本物の「ヨーキー」の繁殖を勉強中。
      将来、ブリーダーになる気でいる。
涼子(24):第五章の登場人物。清美とは、ワンちゃんの散歩仲間である。
      某製薬会社の人気受付嬢をしているが、
      最近、メスのM・ダックス、レオちゃんを飼い始め、
      密かに子供をとろうとしている。

 前回、レオちゃん(千暁んチのダックス)の子供を身ごもった麗緒ちゃん(涼子んチのダックス)だったが、早くも5匹の可愛い赤ちゃんダックスが生まれた。ブリーダーを志す清美は、貴重な情報が得られるチャンス!!と意気込んで(というか、ただの野次馬根性で)、赤ちゃんダックスを見に、涼子の家にお邪魔した。

清美「うわー、可愛い〜!!ネズミみたいだネー(なんか矛盾してる形容だな…)。でも、こんなに生まれたんじゃ、麗緒ちゃんも大変だったでしょー?」
涼子「まぁネ。でも、ほら。犬って安産って言うじゃない。人間だってそれにあやかって、戌の日に腹帯、巻いたりするでしょ。」
清美「出産に立ち会ったの?」
涼子「うん。結構長かったネ。見てると麗緒が落ち着かないから、ずっと隣の部屋にいただけだけど。」
清美「どんな感じだった?ラマーズ法(出産の時の呼吸法ネ、人間の)とかやった?」
涼子「やる訳ないでしょうが。でも、息遣いは荒かったよ。あ〜、力んでるな〜、って感じ。」
清美「ハッハッフー、って?」
涼子「それを言うならヒッヒッフーでしょうが!!何よ、ハッハッフーって。息、吐いてばっかじゃん。いつ吸うのよ?」
清美「いや、なんか、その方が…ポジティブかな、と思って。」
涼子「…。」

※ん?よく意味が分かりませんか?いや、つまりネ。正解はヒッヒッフー(吸って吸って吐く)であって、ハッハッフー(吐いて吐いて吐く…くはぁ〜〜)ではないってことよ。なんでポジティブ(前向きってこと)かは…清美さんに聞いて下さい。

こんにちは、赤ちゃん…
 さて、今回は、ワンちゃんの出産についてである。前回紹介した妊娠検査で、胎子の大きさは正常か、胎子の心臓は動いているか、お腹の中に胎子は何匹いるか、などを確認して、帝王切開が必要でないと分かっていたら、御自宅での出産に備えないといけない(母犬に関する異常や、自宅での出産に不安がある場合は、動物病院に任せたほうがいいけど)。

 まずは、出産する場所の準備である。ワンちゃんの妊娠期間は約63日なので、出産の二、三週間くらい前から用意する。
温かく、清潔で、母犬が落ち着けるように、家族のいる場所から離れた部屋に箱を置き、外からの刺激を減らすために、少し暗くしてあげる。箱は、母犬がウ〜ンてな感じに体を伸ばせる位、また、子犬がたくさん生まれてからも十分な大きさのものにする。箱の側面は、子犬が逃げられないように少し高めにする。床敷は、汚れたら、すぐに取り替えられるようなものにする(ペット・シーツなど)。環境の温度は25〜30℃と、かなり高めにし、冬なら特に、すきま風が入らないように注意する。人間が手伝ってあげられるのはここまで。あとはお母さんワンちゃんに頑張ってもらうほかない。Fight!!

 で、次はいよいよ出産に関してだが、赤ちゃんもいきなりスッポンと生まれる訳ではない。ちゃんとステップがある。
1)準備段階…体温が下がると、いよいよです
出産開始前になると母犬の体温が下がるのが確認される。これは血液中のプロゲステロンと呼ばれるホルモンが急に低下するために起こる。なので、予定日の一週間前くらいから少なくとも1日2回位、母犬の直腸温を測定すると良い。つまり…お尻の穴で体温を測定するってこと。直腸温は通常、39〜37℃以下まで変化し、体温が低下してから1日〜1日半位で出産が始まる。この頃、母犬の様子に目立った感じは見られない。
2)第一段階…ソワソワ
このステップは、子宮の収縮(胎子を外に出そうとして子宮が縮むこと)で始まる。これが起きると母犬はお腹に不快感を感じ、ソワソワし、息も荒くなり(ハッハッフーではない)、ウロウロしながら巣作り行動をとる。また、食欲不振、震え、吐きが見られることもある。お乳が出てしまう子もいる。このステップに要する時間は、かなりバラツキがあり、1〜12時間は続く。子宮が胎子を押し出し始めると、破水が見られる。
3)第二段階…力んで力んで、生まれる〜!!
頑張って!!お母さん!!
徐々に子宮の収縮力が大きくなり、胎子が子宮から膣へ移動してくる。最初の胎子が膣に入ってくると、力強いお腹の力みが始まる。と同時に、かなり痛がる。母犬は通常、出産時は横になって寝ているが、たまに四つ足で立ったまま踏ん張って生むワンちゃんもいる。羊膜(それぞれの胎子を包んでいる膜)に包まれたままの胎子が外陰部からコンニチハ(別に外人ではない)し、お外にスッポンと出てくる。羊膜は破れて出てくることもあるし、破れないで出てくることもあるが、破れていなかったら、生んだ後で、母犬が舐めて、取り除き、呼吸を促す。が、それをしてくれない母犬もいるので、その場合は、人間が手を貸してやらないといけない。
すぐにネ(11-4で詳しく)。また、母犬は自分で臍帯(さいたい=へその緒)を噛み切るが、メチャクチャかもうとしたら止めさせなければならないし、噛み切ろうとしなかったら、人間がハサミで切ってやらないといけない。清潔な糸(絹糸で、できれば熱湯消毒して)で胎子のおへそから約3cmの所を結んで、胎子から離れた方を切ってやれば良い。胎子に近い方を切ったら、血出るよ。
力みが始まってから最初の胎子が生まれるまでの時間は、通常10〜30分位だが、ヤンママ(ヤング・ママ=若いお母さん)の場合、長くかかることが多い。1時間以上力んでも生まれない場合は、難産を覚悟しなければならない(後述)。一匹生まれると、あとは速やかに生まれてくるが、これもやはり個犬差(?)があり、6時間位かかることもある。全部の胎子を生みきるまでの時間も、かなりばらつきがあり、長くて1日〜1日半かかる。大変だネ、お母さんは。
あと重要なことがもう一つ。生まれた子犬は、母犬が出産途中でも、母親のところに残しておく。じゃないと、かなり不安がります、母犬が。そのせいで力みがなくなってしまうこともあるくらい。なので、母犬が子犬をかみ殺そうとしていない限り(←こんなことも起きることあり)、母犬と子犬は一緒にいさせてあげて下さいな。
4)第三段階…なんかいっぱい出てきますが、オロオロしないでネ
胎子がお腹にいる時に、胎子に栄養を送っていた胎盤が、外に出てくるステップである。胎盤は一人につき一個あるので、胎子が5匹いたら、胎盤も5つ出てくる。胎盤は、胎子が生まれてから通常20分以内で起こるが、やはり個犬差がある。一個ずつ出たり、後でまとめて出てきたり…なので、第二、第三段階は、ほとんど区別がつかない。胎盤が出てくると、母犬はそれを食べてしまうので、産後、数日は下痢をしやすくなる。また、産後、暗い緑色の分泌物が外陰部から出てくる(胎盤に起因する。悪露と書いてオロと読む物)。分泌物の量は徐々に減少するが、産後一週間続くこともある。
5)産褥(さんじょく)…お疲れ様でした
ホッと一息。今回は長いですぞ。
産褥は、産後、産道が回復するまでの期間のことで、子宮がしぼむまでの時間も含まれ、4〜6週間かかる。この時期に、粘液性の分泌物が外陰部から出てくることもある。

とまぁ、こんな感じで順調に事が運べば良いが、やはり犬生(?)、山あり谷あり。難産となってしまうこともある。一言で難産と言っても、色々原因がある。

1)母犬側の問題
陣痛微弱(力みが弱い)が最も多い原因である。1〜2匹の胎子しかいない若いお母さん犬や、多くの胎子がいる高齢の太ったお母さん犬では珍しくはない。原因はよく分かっていないが、肥満や衰弱で子宮の筋肉が衰えている、胎子が多くて子宮の筋肉が伸び過ぎちゃって縮まない、逆に胎子が少なくて子宮が伸びず分娩刺激が来ない、血液中のカルシウム濃度が低くて分娩刺激が来ない、などが挙げられる。こんな時はカルシウムを投与したり、子宮を収縮させるホルモン、オキシトシンを投与したり、最悪、帝王切開となる。いずれにせよ、動物病院行きですな。
開いてて良かった…
でも、動物病院に行けないとか、深夜で救急で診てくれる所がないとかの場合は、一応、最終手段はある。十分に指を洗浄、消毒して、母犬の外陰部に挿入し、膣の上側を押してあげる。出産の第二段階にもあったが、そうすると、膣に胎子が押し出されてきた、と母犬の体が勘違いし、子宮が思いっきり収縮するのである。ただし、この方法は「力みがなくて生まれない」時限定です。力んでて生まれない時は、やっちゃダメよ。で、これでダメなら…ちょっとうつ手なしですな…。動物病院が開く時間になったら、子宮、もとい、至急診てもらって下さい。(ちなみに八王子には夜間動物医療センターが年中無休で夜9時から朝6時までやっています http://www.it-vets.com/have-net/index.htm
ほかの原因としては、産道が狭い、ということが挙げられる。先天的、後天的(交通事故とか)に骨盤の形がおかしいとか、骨盤内に何か固まり、例えば腫瘍があるとか(出産する動物は若いから、腫瘍の確率は低いけど)。そんな場合はどうしようもないッス。帝王切開です。
2)胎子側の問題
最も多いのは、胎子が大き過ぎること。犬種によっては、元々頭のサイズがデカいから、難産が一般的に「正常」と見なされることもある。あとは、胎子の数が少なくて、一匹一匹がお腹の中で大きくなり過ぎることもある。あとは奇形。
ほかの原因は、胎子がどんな向きで子宮に入っているか、である。正常なら、胎子は前足か、もしくは後ろ足から出てくる。それが頭から出てきたり、お尻から出てきたりすると…かなり生まれづらくなる。正常な胎位で生まれてきて、途中で止まってしまった時は、人間が補助してあげることもできる。清潔なガーゼやタオルで、生まれかかっている胎子の頭か骨盤を軽くつかみ、母犬の力みと同時に、外陰部より下の方に向かって引っ張る。足は簡単に傷付き、変型するので、つかんで引っ張ってはいけない。まぁ、これも結構難しいですから…不安だったら動物病院のスタッフにお任せあれ。ただし、この場合も、最悪、帝王切開となる。

 原因は何であれ、素早く難産に気付き、適切な処置をとる。これはやはり飼い主様の
賢い飼い主になりましょうー!!
力量にかかっている。いかにして早く難産に気付くかは、正常な出産を知ることから始まるので、直腸温が下がった時、母犬が落ち着きがなくなった時間、力み始めた時間、最初の子が生まれた時間などを細かく記録しておく必要がある。基本的に、下記のような時は、難産の可能性が高いので、すぐに動くべきである。

・最後の交尾から70日以上経っても分娩する気配のない時
・母犬は落ち着きがなく、激しく力むが、その回数が少ない時
・一旦力み始めたが、途中で力まなくなった時
・分娩する気配はないのに、外陰部から黒、もしくは緑色の分泌物が出る時(胎盤が子宮からはがれている)
・直腸温の低下の後、48時間経っても分娩が開始しない時
・一時間以上、ムダに力んでいる時
・数匹の胎子が生まれ、最後の分娩から2時間以上経つのに、母犬がソワソワしている時(まだお腹の中にいる?)

”犬は安産”といわれながら結構ワンちゃんの難産って多いんです。
困ったときは動物病院!へ直行しましょう!


教訓:
一、飼い主様のソワソワは、ワンちゃんに伝染るので、正常な出産を予習し、冷静になって、ワンちゃんの一世一代のイベントを見守るべし!!
二、難産を知るには、正常な出産を知っておく必要があるので…いずれにせよ、勉強すべし!!

次回は、出産後の母犬&子犬のケアについてです。お楽しみに!!



獣医師:斉藤大志



戻る