第1章…ワンちゃんを飼い始める前に
1−3:いくらかかるか知っていますか?

部屋に合わせて、ミニチュア・ダックスフントを飼うことに決めた二人。今度は通帳とにらめっこして、予算を話し合い始めた。ちなみに二人は通帳を共有していて、一応、名目は、結婚資金のための「ラブラブ貯金」だが、あまりやる気がないらしく、現在、「00貯金」になっている。ほら、テニスの試合で0点のことラブって言うでしょ。それよ、それ。

拓也「今月は結構キビしーんだよなー。給料日まで、まだ一週間あんのに、
   五千円しかないんだよ。親に前借りするかなー。」
恵子「それじゃ犬飼ったら、あたしら飢え死にしちゃうじゃん!!
   あんた、バイト増やしなさいよ。色々あるでしょ?
   引越し手伝いとか土木作業員とか
   深夜の交通整理とか…何がやりたい?」
拓也「…全部きついな。」

※飢え死にする以前に、買えないっつーの。この二人が、今ダックスを飼うには、そこらを走っている野良ダックスを拾ってくるしかないですネ。そんなのいないけど。
現在、ペット・ショップでも様々な種類の犬を扱っており、ダックスのようにメジャーなものでも十万円以上は当たり前だし、もっと珍しいものになると数十万円の単位になってくる。カードや分割で買うこともできるが、やはり結構かかる。さらに、飼い始めると維持費というものがかかってくる。体重5kg位の犬なら、1日100g程度のドライ・フード(カリカリのやつ)や缶詰めフードが必要だし、ペット・シーツやおもちゃ、リードや首輪など、かなりの金額をペット・ショップに貢ぐことになる。(安いとこ見つければいいんだけどね)ドライ・フード一つとっても、美味しさ重視(ただただ嗜好性のみを考えた物)の安いフードなら1キロ500円もしない(たまに特売で10キロ1000円くらいの物があるがこれはどうかと思うよ)が、ちゃんと、栄養バランス重視のプレミアム・フードで飼おうというしっかりした考えを持っているならば、1キロ1000円前後を覚悟しなければならない。体重5kg程度なら、1kgで10日はもつが、それが大型犬だったら…?かなりの額を覚悟しなければならない。それが10年以上も続くのである。そんな大金払えますか?途中で拓也が過労死するかもしれないし(縁起でもない)、家族で飼っててお父さんがリストラされたらどうします?そこまで先を見る必要はないが、やはり、それなりの計画を立てて飼い始めるべきである。ちなみに、参考程度に毎月かかる平均的な費用を載せると次のようになる。小型犬はおしゃれ好きでお手入れ代がかさみ12000円位、大型犬はエンゲル係数が高く18000円位、中間の中型犬は以外に家計に優しく10000円位である(ノア・スタッフの経験者談)。
また、飼い始めなら、2、3万円以上のサークルや犬小屋、5千円程度のキャリアなども必要になる。これらは手作りするなり、キャリアでなく段ボールにするなり、なんとか工夫して安くあげることができるが、どんなに頑張っても安くできないものがある。それは病気の予防である。ワクチン、フィラリア、避妊去勢…。これらはさぼることはできるが、そうすると、確実にワンちゃんの寿命を縮めることになる。「病気にかかってから治療すればいいんじゃん?」とか思ってるそこの人。甘い甘い。しるこに練乳かけて食べるくらい甘い。やったことないけど。治療費って結構するんですよ。それに治療できればいいけど、死んじゃったらどうします?お金じゃ買えませんよ。ちなみにノアで病気の予防をするとしたら、ワクチンは年に1回で8000円、狂犬病のワクチンは別で3000円位、フィラリア予防は体重や飼育環境(室内、室外)によって違うけど、5kgサイズなら年間6000円位、10〜15kgなら年間1万6千円位。
どうでしょう?ここまで聞いて嫌になった人は、無機質なアクセサリーとかで我慢してて下さい。動物を飼うということは大変なのです。自分の命を削って、別の命を育んでいくんです。多分、拓也も覚悟を決め、自分は毎日カップ麺と吉牛で我慢し、休日返上でバイトし(大学の勉強もしろよ)、可愛い野良ダックス(だからいないって)を育てていくことでしょう。恵子も、毎日同じジャージを着て、化粧品も買わず、毎日スッピンでスーパーの安売り品を買い求めることでしょう。それは極端な例ですが、やはり少しの余裕もないならば、動物を飼うのは諦めた方が良いでしょう。でもネ、動物って可愛いよ。だから動物を飼う人、頑張りましょうネ。

教訓:
一、動物は、自分の命を削る覚悟を持って、飼育すべし!!
二、買って可愛がるだけでなく、維持にそれなりの金額がかかることを覚悟すべし!!

次回、二人は犬の習性について考える。ちゃんと飼っていけるのかな…。



獣医師 斉藤 大志


トップ アイコン
戻る