ノア動物病院は、甲府市、八王子市の動物病院です。

ノア動物病院

トップページへ戻る


  • CLICK MENU
  • リンク集
  • ホームへ戻る

日本動物医療コンシェルジュ協会

あなたに必要な資格は'うんちくを語る'資格ですか?それとも、知識はもちろん収入も増やすことのできる資格ですか?

知識も収入も?
あなたは、そんなうまい話があるはずないと思っていませんか?
資格は取っても収入にはほとんど結びつかない、と思っていませんか?
確かに巷にある資格は、あなたが思っているとおりです。
ところが、そのうまい話があるのです。

それが、"動物医療コンシェルジュ"という資格です。

"動物医療コンシェルジュ"?
聞いたことないけど…というあなた。
正解です!
もちろん、あなたに知識がないわけではありません。
今までにはなかった、画期的な資格が新設されたのです。

日本人は、資格好きな国民と言われています。
そして、今現在、本当に沢山の資格があります。
当然、国家資格もありますが、任意団体が作ったちょっと怪しい資格がある事は、
私が言うまでもありませんよね。

この動物医療コンシェルジュは、日本動物医療コンシェルジュ協会が認定する任意資格です。
なんだ、他の民間任意団体と一緒じゃないか、と思ったあなた、ちょっと待ってください。話はここからです。
じつは、この日本動物医療コンシェルジュ協会は、公益財団である文部科学省許認可の日本余暇文化振興会に2008年2月14日に認定されています。
つまり、公益財団に認定された、公益性の高い協会が行っている、非常に信頼性の高い資格と言うことです。
ここが他の任意団体と大きく違うところなのです。
今ある資格で公益性のあるものが、いったいいくつありますか?

ここまでの話で、あなたはちょっとこの資格に興味がわいていませんか?
でも、今一歩踏み出せませんよね。
その原因は何でしょう?

たぶん、あなたは、自分は動物が好きなだけで専門的な知識も持ってないし、学校時代の生物も苦手だったし、内容が難しくてついていけない、なんて思っていませんか?

でも、安心してください。
この資格はいわゆるど素人が受講しても、わかりやすいようにベテランインストラクターがポイントを絞って解説してくれます。
そして、最終的には、ペットの内容はもちろん、講座の講師スキルが身に付くようにプログラミングされているのです。
もちろん、分からない部分があれば徹底的に教えてくれます。

さて、この動物医療コンシェルジュの対象となる動物は犬猫になります。
まずは、時代背景を説明しますね。

近年、その飼育頭数は、犬猫合わせて2500万頭を上回り、その数は増加傾向にあります。
また、日本人の余暇時間も増加傾向にあり、その余暇時間をペットと一緒にいたいという調査結果がでています。つまり、余暇時間の増大とペット飼育数の増加の因果関係も示唆されているのです。

ペット関連産業も常に成長を続け、全体規模で1兆6800億円になっています。
近年、人間同様の生活を、医療を、と言う飼い主の傾向も強まり、ペットのためならお金を惜しまない飼い主は増加の一途にあるのです。

ペットの家族化(近年はペットと呼ばずにコンパニオンアニマルとよんでいますが)、擬人化に伴って、動物病院と飼い主のトラブルも増加しています。お互いのコミュニケーション不足が最大の原因ではありますが、獣医師の臨床スキルの未熟さからの医療過誤、飼い主の飼育知識の欠如からおこる誤解も原因の一つになっています。

さらに、人間の病院でも問題となるヒヤリハット事故の多発も動物病院でも、人間の医療現場同様に問題になってきてます。単純な医療事故の防止・医療安全に役立てる情報を公開し、蓄積、共有することで、重大な事故の発生を未然に防止する活動が行われています。

このような背景の元、これらの諸問題を解決する"切り札"が動物医療コンシェルジュになるのです。

日本動物医療コンシェルジュ協会(JAMCA)は、以下の理念の元、設立、活動しています。

  • 飼い主に対しての動物飼育知識の普及、そのための各種認定講座の設置
  • 市町村職員、ペット産業従事者および動物医療関係者に対する適切な知識の啓蒙、そのための各種認定講座の設置
  • ペット未飼育者に向けて正しい知識とその実践方法を啓蒙普及するための各種認定講座の設置
  • 上記目的を達成するための認定講座を以下の五種おき、最終資格としての動物医療コンシェルジュを育成

1.ペットフードアドバイザー
2.ペットマナーサポーター
3.ボディメンタルケアペットセラピスト
4.ペットライフケアワーカー
5.ペットヘルスケアカウンセラー

尚、動物医療コンシェルジュの資格は、上記講座のうち、ペットヘルスケアカウンセラーを必須として、
マスター講座を履修かつ合格した者で、他の2講座のマスター講座を履修合格した者に付与されます。

さて、気になる受講金額についてです。

1 ペットフードアドバイザージュニアコース

ジュニアコースは講習のみで取得でき、主な内容はペットフードに関する基礎知識の習得になります。

講習時間 12時間(2日間)
受講料 19,800円(税込21,384円)
試験料 10,000円(税込10,800円)
認定料 10,000円(税込10,800円)

になります。

2 ペットフードアドバイザーマスターコース

マスターコースは、講習にプラスして実習があります。主な内容はペットフードに関する応用知識の習得になります。
この講座は、ジュニア合格者を対象に実施され、より専門的な知識の習得はもちろんのこと、サプリメントやフードなど、その周辺分野をはじめ、フード開発及びフード販売等のスキーム構築・支援サポートを行います。

講習時間 16時間(2日間)
受講料 98,000円(税込105,840円)
試験料 10,000円(税込10,800円)
認定料 30,000円(税込32,400円)

になります。

3 ペットフードアドバイザーマスター特別講座

上述の受験に際して、支部開設希望者や講師希望者等を対象に講師テクニック及び経営コンサルタント等のマネジメント専門の特別講座を実施します。
受講料は、84,000円
コミュニケーションスキル4時間、講師テクニックとコンサルタントスキル4時間を1日で講習します。

それでは、現存の他講座をちょっと見てみましょう。
例えば、動物関連の通信講座は約20万から約25万かかります。
やはり動物関連のカウンセラー資格は約30万です。

確かに動物医療コンシェルジュ(該当の資格を3つとるとこの資格が入手可能)と比べるとこれらの資格は低価格かも知れません。
でも30万といえば独身一人暮らしのOLなら2ヶ月は暮らせる金額です。
それだけの金額を遣って、トリビアに答えられるだけ…

やはり、実益はほしいところです。

もし、動物医療コンシェルジュになったら・・・

  • 社会貢献できる。
  • 動物医療業界を標準化する一員になれる。
  • 動物医療コンシェルジュの講師になって、先生と呼ばれる。
  • 動物医療コンシェルジュとして、地元の名士になれる。(周りが勝手に呼んでくれる)
  • 動物医療コンシェルジュの講師になって、講師料がもらえる。
  • 協会が提供する物品を割引で購入、定価販売できる。
  • 協会が主催するイベントで講演ができる。

このほかにもたくさんのあなたに対するメリットがあることはいうまでもないでしょう。

まさに今までになかった画期的な資格なのです。

この資格を取得するには早ければ早いほど良いと思います。
なぜなら、ある一定人数になったときに制限をしなければいけなくなるからです。
その人数は、ここでは申し上げられませんが、近い未来にはなると思います。

さあ、あなたを躊躇させるものはなにもありません。
いますぐ、一歩を踏み出しましょう。
あなたの使命はもう決まっています。

私たちと一緒に動物も人間も平和で長生きできる社会を作ること、なのですから。

日本動物医療コンシェルジュ協会の公式ホームページはこちら

日本動物医療コンシェルジュ協会

公式ホームページは、こちらのバナーをクリックしてください。

城東センター病院 | 敷島病院 | 八王子病院
当院について | 各病院のご案内 | 特色ある獣医療 | オリジナルサービス | 医療相談室 | ケアサービス
ご自宅でのお手入れ情報 | リクルート | お問い合わせ | ホームへ戻る